結婚式前撮り。和装で準備するものと化粧・メイク含む流れはこんなです!

スポンサーリンク

結婚を控え、式の準備も進んでいるあなた!「結婚式はドレスだから、前撮りは和装がいいな。」「着物も着てみたいな」なんて思ったりしませんか?

私の場合は式こそ挙げなかったものの、親も喜ぶし記念にやっておくかーっ!てことで結婚写真を撮ることにしました。

都内のスタジオで撮影していただいたのですが、準備したらいいものとか、流れとか、今回は体験談としてご紹介します。

これから式を挙げる人や記念写真を撮る人の参考になりましたら幸いです^^

和装前撮り・記念写真で準備するものは意外と少ない!

スタジオの予約を入れたら、案内が自宅に届いたのですがそれに書いてあったものは以下の通り。

新郎 U首シャツ・ステテコ(スパッツ)・白足袋

新婦 肌襦袢・裾除け(ワンピースタイプ可)・白足袋

和装の場合はかつらや綿帽子、かんざし、角隠しなどは向こうで用意してくれるとのこと。

意外と少ないんですけど、どこで買うの?どんなの買うの?下着ってしないの!?とかいろいろ悩んでしまいました…。

そこで用意したものをご紹介しますね。

和装前撮り準備・新郎編

新郎の場合はけっこうあるもので代用できました。

着物に肌が触れないように、汗取りができてなおかつ外に見えないものを選べば問題なし。

・U首シャツ

ユニクロのエアリズム(Vネック)でOKでした。

冬にロケーション撮影を考えている場合はヒートテックの長袖の方がいいかもしれないですね。

色は白でした。何色でもいいと思うけど。

・ステテコ(スパッツ)

こちらは西友で買っていたスパッツで代用。

足首まで丈がありましたが、ふくらはぎぐらいまで捲って撮影をしたそうです(夫談)。

・白足袋

唯一、新郎用で買ったもの。

足袋もいろいろあるなと思って調べたら正装の時は5枚こはぜということがわかり、Amazonで購入。

4枚こはぜっていうのもあったけど、5枚こはぜよりも足首が隠れない感じでした。

フォーマルでは足首やふくらはぎが見えちゃうのがあまりよろしくないようです。だからよりハイカットな5枚こはぜの足袋が◎ってことなんですね。

写真だけなら別に4枚でも見えないかなって思ったけどね!

だから好みでも良さそうです。

和装前撮り準備・新婦編

・肌襦袢、裾除け(ワンピース可)

ワンピース?へ??と思ってこちらも調べてみたら上下繋がってるのがあるんですね。

これは便利でした。

浴衣とか着ることがあるって人は持ってるやつで代用できると思います。

・白足袋

新郎用と同じ。

ストレッチが効いてて履きやすかったです。

全部Amazonで買えたので助かりました^^

ちなみに和装下着はユニクロのブラトップで代用。

着替えの時も「これで平気ですか?」って着付け師さんに聞きましたが全然OKでした。

あ、でもパンツは履いてますよ。

上は「ブラジャーしてたら取って」とは言われたけど下は脱げって言われなかったからね。知恵袋とか見たら「昔の人は下着なんてつけませんよ」っていう人とかいたけど。

ブラジャーとかでワイヤーが入ってるとよろしくないそうです。

来店〜撮影!和装で記念写真の流れ

都内のウェディングフォト専門のスタジオで撮影予約。

衣装合わせも撮影当日にしたので、だいたい撮影も入れて4時間ぐらいかかりますと言われてました。

メイクはなるべくしないで来てほしい(特にマスカラ)とのことだったのですっぴんにカラコンで行きました^^

来店!いきなり書類にいろいろ記入

着いたらまずはアンケート用紙を渡されました。

名前などの個人情報に加えて、

・どんなイメージの写真が撮りたいか?

・どこでここを知ったのか?

・他に検討した店(ライバル店ですね)はどこか?

とかに答えていきます。

写真が何枚か並んでいて、この中で好きなのはどれですか?(複数可)って感じで書かれていた質問もありました。

好きなイメージがわかるとカメラマンもやりやすいだろうね。

撮影プランの説明をちょろっと

改めて撮影の流れやプラン、料金について説明をしてもらえました。

特に売り込みもない感じ。

高いプラン(全データ付とか和装だけじゃなくて洋装もやるパターンとか)を勧められるようなこともありませんでした。

衣装合わせで思わぬ落とし穴が!

新郎の衣装は1パターンしかなかったのですが(黒紋付袴)、新婦の場合は白無垢か色打ち掛けか選べて、しかもどっちも着ていいですよって話だったんですが色打ち掛けにしました。

で、どんなのにするか選ぶわけですが…

選ぶ着物によって追加料金がかかる!!

もちろん説明の時点でお話してくれていたのでわかってはいたものの、プラン内で選べる打ち掛けって「なんかいまいち…」なんて思ってしまったりするものでした。

私は着物に関してはド素人だし、何がどうしてこんなに高いのかわからないって思ってたけど…

やっぱり良いものは良さそうに見えるもんです。

これがいい!でも、なんか高いのかな?って思って聞いてみたら、

「こちらは20,000円追加でいただきます」

って言われましたw

でもせっかくの記念写真なので、気に入ったものを着た方が良いと思います。スタッフさんも言ってたけど、そうだよなーって思いました。

何着か羽織ってみて、イメージしてみて、最終的にコレって決めた感じです。

衣装合わせの時は写メ撮ったりして見比べていいですよってことだったのでいろいろ着て撮ってみた。

着替え中やメイクルームでは撮影NGとのこと。

着替えとメイク!プロはやっぱりすごいです

先に、用意した肌襦袢と裾除け、足袋に着替えてからヘアメイク開始。

ブラトップとパンツの上にワンピースタイプの襦袢を着用。楽でよかった。

どんなイメージがいいかとか担当の人と話し合いながらやってもらいました。

打ち掛けの色と合わせて考えてくれたり、「あんまり派手じゃなくて、和な感じだけど和すぎない感じがよくて」っていう超曖昧な意見を聞いてくれたので良かったです。

化粧品とかどこのブランドの使ってるんだろう?って思ってじーっと見てたんだけど…

ローラメルシエしかわからなかった。

多分コレ。

アレルギーとか肌が弱い人は普段使ってる化粧品を持参した方がいいみたいです。

メイクが終わったら、着替え。

着付け師さんが手際よく着せてくれます。

早すぎて順番とか何着せてくれてるかとかも全然わからなかったけど、鳩胸にした方がいいからという理由で胸の上に綿を乗せてくれたり、ウエストにタオルを巻いたりしてくれました。

私は寸胴だからタオル1枚しか巻きませんでしたw

くびれがある人や細い人はもっともっと巻くこともあるみたいです。

ちなみに私がメイクをしてもらってる間に着付け師さんは新郎側に行き、着物を着せてもらっていたんだって。

で、それから私が着替えるまでずっと待機していたらしい。

「体格の良い人は着物が似合いますね〜」って夫をやたらと褒めてくれていた。

まあお互いの体型を考えて和装にしたってのもあるんですけど…ね。

準備完了した後はいよいよ撮影!

着替えとメイクが終わったら、撮影ブースへ。

スタジオの一角という感じでこじんまりとしてたけど、普段写真を撮られ慣れていないので緊張しました。

でもカメラマンさんが優しそうな人で、盛り上げながら撮影してくれたので段々と自然に笑顔にはなれるようになったかな。

着物だとちょっとの移動も大変なので、着付け師さんが常に近くにスタンバイしてくれてました。

立ったり正座したり、椅子に座ったりちょっと小物持ってみたり…

言われるがままw

撮影しているすぐ横では別の夫婦やカップルが打ち合わせをしていたりして、ちょっと恥ずかしかったけど…

大丈夫、誰も見てませんでしたよ。

ちなみに全部で100カットぐらい撮ってくれてた!

撮影終了〜支払い。頭や顔はそのままで帰宅!

撮影後、髪型はそのまま、そしてメイクもそのままで帰宅となりましたw

口紅は赤すぎたからちょっと落としてもらったけど、その後予定があるという人は注意が必要ですね。

スタジオにもよるのかもしれません。

帰宅の前に、撮った写真の中から気に入ったものを選びます。

全データがもらえるプランを選んだ人はこれはないのかもしれないけど、私たちの場合は1カットのみだったので撮ってもらった写真を比較しながら1枚だけ選びました。

アルバムにして送ってもらうので、アルバムの色と柄を選んで見積もってもらって支払い。

データはその場でもらえたので、帰宅してからすぐに見ることができてよかったです。

その足で実家に帰って親に見せてあげられたからすごく喜ばれました。

和装での記念写真おすすめです!

実際3時間ぐらいで終わった和装での記念撮影。

慣れない着物に疲れましたが、撮ってよかった!と思えました。

やっぱり親が喜んでくれたのが一番なんだけど、普段着物着る機会なんてほぼないので、貴重な体験ができたのが良かったですね^^

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする