絶叫マシン克服法。ジェットコースター苦手な人もこれなら大丈夫!?

スポンサーリンク

遊園地は大好きなんですけど、乗り物とか苦手。

こういうこと言うと「何のために行くの?」ってほとんどの人に言われるんですが、乗り物乗る以外でも十分楽しめるからなんですよ。本当に。

でもどうしても付き合いがあったり、アニメなんかとコラボしてたりすると(富士急とエヴァのとかね)行かざるをえない時だってあるじゃないですか。

デートとかでも片方見てて片方乗ってるとか寂しいじゃないですか。

乗るしかないって時もあるんですよね。

今日はそんな「やむをえず絶叫マシンに乗らないといけなくなった人」のための絶叫マシン克服法についてお話したいと思います。

なんで絶叫マシンが嫌いなのか…苦手なものには理由がある

嫌なものは嫌なわけで。そんな理由なんて訊かれても困ったりするものなんですけどね。

絶叫マシン好き!って人にはいくら言ってもわかってもらえないものですが、苦手な人には共感してもらえる理由じゃないかと思います。

ふわっとした感じが嫌

無重力感を感じたときのアレですね。

それがいいんじゃん!!っていう友達も多いんですが、それが嫌いな奴もいるんだよ…と言ったところでなかなかわかってもらえないのが切ないです。

なんていうか、内臓が浮く感じがして気持ち悪いんですよね。

なんなら絶叫マシンじゃなくても車で急な坂とか降りる時も相当嫌です。

事故とかあったら怖いから嫌

ジェットコースターの事故なんて本来あってほしくないものなんですが、何年かに1度はそういうニュースがあるものです。

実際人が亡くなってしまったりしているわけで、自分が乗ってる時にそうなったら嫌だな、怖いな、と思ってしまいます。

「あんなの乗っても面白くないから(乗れるけど)」とか言って乗らない人もいますが、上記の2つで「怖いから嫌」っていう人がほとんどじゃないですかね。

男の人は、大声出すのが苦手だったり恥ずかしいと思う人もいるのかもしれませんが。
でも苦手な人ほど大声出した方が克服できると思うんです。

実際に私がそうでした。

絶叫マシンに乗る時にやっちゃいけないこと

自ら怖さを倍増させていませんか?

私を含め、絶叫マシンが苦手な人は自ら怖い乗り物にしてしまっていることが多いです。

  • 怖いから終始目を瞑っている
  • 下を見てじっとしている
  • 何もしゃべらない・しゃべれない
  • 私には無理、乗れないと思い込んでいる

怖いからどうしてもこうなってしまいますよね。

怖さが先行して外の景色なんて楽しめないし、両手上げてはしゃげるほどの元気だってないわけですから。
でも体に力が入ったまま目を瞑って下向いてただ黙ったまま…これでは何乗っても怖いと思いますよ。

私もずっと怖い怖いと思っていて、実際数分だけだしずっと目を瞑って我慢してればいいやと思いながら数年前までは乗っていたのですが、これじゃあ毎回怖いままだし、 いつになっても克服できないわけです。

そこでちょっと考え方を変えてみました。

絶叫マシンを楽しんでみようかな、という気持ちを持つようにしたんです。

嫌いなものを楽しむこと自体難しいのですが、多少でも乗れるようになったら友達と遊びに行ってももっと楽しめるかな、と思って。

私が絶叫マシンを「ちょっとだけ」克服できた方法

これで絶叫マシンもへいき、へっちゃら。

 完全に克服できたわけではありませんが、実際に私がやってみて効果的だった絶叫マシンの克服方法を紹介します。

絶対に一人で乗らない

わざわざ苦手なものに一人で乗る必要はないですよね。
そんな罰ゲームがあるぐらいなら私は帰ります。

一人乗りじゃない限りは誰かと一緒に乗りましょう。友達と話しながら乗ると恐怖感が薄れます。
ジェットコースターが落ちる瞬間までしゃべっていられます。

大きな声で叫びやすいです(絶叫好きな人は絶叫してくれるので恥ずかしくない)。

絶叫レベルの低いものから少しずつ乗ってみる

いきなり富士急にあるようレベルの絶叫マシンに乗ったらそれこそトラウマになって一生乗れなくなっちゃいます。
できれば子供の頃から行ってたような遊園地の軽い乗り物から乗ってみるようにしましょう。

ちなみに私はTDLのカリブの海賊から挑戦しましたw

レベル低すぎですかね?だ、だって最初の方ふわっと感じるんですもの(><)

ジェットコースターなら真ん中辺に乗る

ジェットコースターは一番前と一番後ろはやめておいた方がいいです。

一番前は目の前が見えすぎて恐怖感が強くなってしまうし、一番後ろは重力を感じやすいと思います。
バイキングとかも端っこじゃなくて真ん中に乗った方が気持ち悪くなくなります。

お腹から大声を出す!

もう黙って乗ることしかできない人には絶対これが一番効果があると思います!

とにかくずーっと、声がかすれるぐらい大声出してるとふわっと感もあまり感じなくなり、終わった後は気分もスッキリしてますw
これ以上の大声はないっていうぐらい大きな声を出してみてください。

みんな叫んでるので誰も聞いてないです。
聞こえてもいません。
ストレス発散のつもりで思いっきり叫んでみましょう。

絶叫マシンに対しての悪口でもいいんです。人の悪口はあまり良くないですよ。

絶叫することに慣れるとかなりマシになります

結局は絶叫マシンも慣れなんですよね。

何度も乗ってると自分の体が慣れてきてくれるみたいで、次第に怖いなとかそういうのも気にならなくなってくるんですよ。

あと、自宅で練習!っていう方法もアリなのではないかと思います。
けっこう前に話題になっていたコレも慣れるには適しているのではないでしょうか。

というよりちょっと体験してみたい。

スマホを装着して3D体験ができるやつですね。
絶叫マシン以外の映像でも楽しめるみたいなので、こういうので慣れるのも良いですね。

値段的にも、遊園地に1回行くより安いです。
実際にこれでバーチャルジェットコースター体験を楽しむには、アプリのダウンロードが必要です。
秋葉原ジェットコースターとか、
絶叫トレインコースターというアプリが無料でした!

去年行ったユニバーサルスタジオがこういう3D系ばかりだったので、ある程度慣れておけばもっと気持ち悪くならなかったかも…とは思う。
ハリポタとかもこっち系ですよね。

今週末あたりいかがでしょうか。できることから是非お試しください。
で、でも富士急行けるまではちょっと…保証できませんw

※注意※
ちなみに体調が悪い時とかはおすすめできません。
乗りもの酔いがひどい人や、持病を抱えているような人はやはり乗らない方がいいです。それでも乗れとうるさい友達は友達なんかじゃないので付き合いを改めた方が無難です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする