抜歯後の穴を公開してみる。他の人はどうなってるか気になりませんか?

スポンサーリンク

抜歯した後ってどんな風に歯肉が盛り上がったり、修復されていくのかな?と考えたことはありませんか?

私は抜歯前からそれについてはすごく気になっていて、抜歯後の状態などの画像をよく探していました。

当然人の歯を抜いた後の画像なんて美しいもんじゃありませんが、口の中の傷はどうしても自分では大きいものに感じてしまいがちだったりするので、

客観的に見て「大丈夫そうだな」と思える程度なら特に不安に思うこともないのかな、と考えていたんです。

抜歯前は手術の不安軽減のために、抜歯後は傷の経過が順調かどうか確認するために、他人の抜歯跡を見るのはけっこう役立ちます。

抜歯から約2週間後と1ヶ月後の穴の状態を公開してみる

痛みはなくなるものの、穴はずっと空いている

恥ずかしながらも私の抜歯後の穴を公開してみたいと思います。

口の中の写真なので見たくない人は飛ばしてくださいw

はっきり言ってきれいなもんじゃありません…

これが抜歯から2週間後の状態。

いきますよ…

oyashirazul
ひぃぃ。

まだちょっと痛いというか、鈍く歯肉炎っぽい痛みを感じる時もありますが、歯磨きはだいぶしやすくなりました。

そしてこっちは抜歯から1ヶ月後。

oyashirazur
右下のグレーっぽいのが穴です。

こうやって見るとあまり変わってない感じはしますが、1ヶ月もするとけっこうおせんべいとかも普通に食べられるようにはなりました。

穴をつついたりしない限りは痛みも感じません。

ちなみに抜歯でできた穴→抜歯窩(ばっしか)と呼ばれるらしいですね。

上の歯は抜いても穴はすぐにふさがるから大丈夫

下の歯は写真の通り、まだまだ「穴!」という感じがしますが上の歯に至ってはまわりの骨をたくさん削ったわりにはすでに穴がふさがっています。

舌で押しても痛みを感じませんし、歯磨きも普通にできています。

写真は上手に撮れませんでしたw

普通に食べられるようになると当然食べカスはよく詰まる

気持ち悪いものをお見せしてしまいましたが、順調に抜歯窩は回復しております。

ただ、めちゃくちゃ穴に食べカスが詰まりますw

抜歯後時間が経過すればするほど、痛みもなくなれば穴も回復してくるので普通に食事を楽しめるようになってくるのですが、そうなると毎回の食事で抜歯窩には食べカスが詰まるようになってしまうんですよね。

で、そこから虫歯になってしまったり口臭の原因になることはよくあります。

無理やり磨いて歯肉が傷つくのも困るので、無理に取るのではなくうがいをするなどして取り除いたほうが無難なんですが、どうしても取れない、今すぐ取りたい!という時はこちらでも紹介しましたがシリンジがとにかく役に立ちます。

こちらは犬猫用となっていますが、ペット用の方が断然使いやすいです。見た目もかわいいし。
今のところこれで取れなかった食べカスはありませんw

抜歯前は不安もありましたが、一生歯肉炎や虫歯の心配をするよりは抜いてしまったほうが楽ですね^^

さらに一ヶ月後、再び撮影してみました!結果はこちらです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする