爪が長い時のコンタクト・カラコンの上手な外し方。コツは○○使い!

スポンサーリンク

ここ数ヶ月は珍しくイベントが続いていて、普段はあまりしないようなネイルをしているのですが、爪が長くなるとコンタクトってすごく取りにくいですよね。

私はもともと爪が長いのが苦手で、手のひらを見て指から爪が見えちゃってるともう無理!!となってしまうほど爪は短い派です。でもネイルしてると伸びたら切ったりヤスリをかけるってわけにもいかないじゃないですか。

しかもコンタクトやっと取れたぁ!って時にはまぶたとかこすっちゃったりしてるので化粧も崩れてるわけです。

そこで、世の中の爪が長い人はどんな風にコンタクトを取ってるのかな?と思って調べてみました。

両指の腹を使うと爪が長くてもコンタクトが簡単に取れる!

爪が長いとコンタクトを取ろうとしても爪が目の中に入ってしまうことになるので、傷つけちゃいそうで怖いなって思いますよね。

それで指の腹を使って取っているよという人はすごく多かったんですが、その中でも両指を使うとすごく簡単に取れました!

おすすめは薬指!両指で挟むようにして取ってみて

小指で少ししたまぶたを下げ、指の腹で少しコンタクトをずらしたら、両方の薬指で挟むようにすると不思議と簡単に取れます^^

慣れないうちは難しいかもしれないけど、人差し指や中指を使うよりも圧倒的に楽だったのでびっくりです。

こうするとコンタクトは取りやすい

絵が上手じゃなくてすみません…

なかなか挟めない!つまめない!という時は定番ですが目薬を使ってからの方が取りやすくなりますね。右の薬指と左の小指でもわりとすんなりと取れてくれました。

指の腹で、下か目頭よりに大幅にずらすのも取りやすい

目に傷をつけないように、瞳に触れないように、少し注意が必要ですが目の下や目頭の方にグイっとレンズを寄せるようにするとポロっと取れます。

挟みにくいなという場合はやってみるのもおすすめです。

ただ目頭に寄せたりしてしまうと場合によってはメイクが滲んでしまうこともあるし、取れたレンズが床に落ちてしまうこともあるので気をつけてくださいね。

中にはちょっと危険な取り方もあるので注意が必要です

爪が長くなくてもコンタクトは取りにくい!という人もいると思うのですが、中には「そんなことして平気なの!?」というような取り方をしている人もいるようです。

綿棒を二つに折って、コンタクトを挟んで取る

これ、綿棒をピンセット代わりにしてコンタクトを取るってことですけど…

綿棒の繊維とかが目に残ったりしてしまうとあまり良くないんですって。確かに、目の中に異物が残ってしまうのはちょっと嫌ですよね。あまり良くないというか、本当に良くないと思うw

変わりアイテムとしてはこんなのもありました。

確かにこれなら爪が長くても安全にレンズをつまむことができますね!でも衛生的にはどうなんだろう。常に清潔にした上で使うのは当然なんだろうけど…手を洗うより面倒な気がします。

中指と人差し指の第二関節を使って取る

危険ではないだろうけど関節は指の腹よりもちょっと骨っぽいので怖いですね。

ちなみにピースをしたような状態で中指と人差し指を曲げて、関節同士でレンズを挟むようにする感じです(わかりにくいな)

私もやってみたのですが、指が太いからかあまり上手に取ることができませんでした。両指を使って目をがっつり開いた上でなければ取りにくいというのもイマイチだったかな。

やっぱり薬指で挟む取り方が今の所一番やりやすいです!

当たり前だけど手は絶対にきれいに洗った上でつけはずしするべき!

便利アイテムを使おうが、指の腹で挟もうが、爪でこすろうが関節でつまもうがとにかく!!

コンタクトレンズのつけはずしは手を洗ってからじゃないとダメですよ。

だって雑菌が入ってしまうもの。特に爪が長い時は爪と指の間もしっかりと洗ったほうがいいなと思って、爪ブラシみたいなのも使っています。

正しいコンタクトのつけはずし方法をここでおさらいしておこう!

ちなみにクーパービジョンのコンタクトレンズはけっこう好きです。安いわりにつけ心地はなかなか良い。

ていうか爪が長いと何が嫌って、キーボードが打ちにくいよね。同じ気持ちの人はいないのだろうか。私の職場ではみんなカチカチ音立てながら頑張っているけれど…

コンタクトを外すのに苦戦している人は是非試してみてくださいね^^

そんな私はカラコン派。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする