虫歯予防から抜歯後の歯磨きに!使ってよかったデンタルケアグッズたち

スポンサーリンク

抜歯をしたり歯並びの関係などで歯が上手に磨けないってことありますよね。

歯医者に行くたびに「ここ磨けてないよー」って指摘されていた私ですが、ここ数年は歯ブラシを2本使いしてみたり、デンタルケアグッズにこだわってみることで「上手に磨けてますね」と褒められることも多くなりました♪

今回は普段の虫歯予防はもちろん、親知らず抜歯後の歯磨きにも役立った便利なデンタルグッズを紹介します。

まずは「歯磨き後にお菓子を食べている!」という複雑気持ちにしてくれる商品から。

歯磨き後のおやつ。虫歯を予防する不思議なお菓子

Combi teteoタブレット

キシリトールとオボプロンDC配合の口内環境を整えるタブレットです。

歯磨き後に食べることで虫歯になりにくい口内環境を作ってくれます。

フレーバーはいちご、パイン、ぶどう、オレンジといった子供の好きな味はもちろん、プリンアラモードやいちごミルク、ミルクチョコ味などもあるから好みに合わせて楽しめます。

私はたべごろメロン味が一番好き。

甘みがあるので歯を磨いた後に食べると逆に虫歯になりそうに感じますがそうではないみたいです。

同じような商品でハキラがありますが、こちらの方が安いっていうのがポイント。

歯の裏側や奥歯の状態を見るのに便利

歯鏡

歯医者さんで使っている肢のついた鏡です。

親知らずの抜歯後は傷口が気になりますが、舌でつついたりするよりはそっと鏡で見る程度にしておいた方が無難です。

スケーラーとセットになっているものもありますが、歯石は歯医者さんで除去してもらう派なので鏡のみで満足。

親知らず抜歯後、気になる部分に役立つ一品

シリンジ

抜歯した後は穴が開いている状態なので食べたものが詰まりやすいんですよね。

そんな時無理にいじるのは逆効果。ピュっと水をかけてあげてからゆすぐと詰まった食べかすが取れやすくなります。

でもなかなか取れないといって何度も水をかけたり触ってしまうのはNGです。歯医者さんで洗浄してもらったほうが早いですよ。

一番の良さは「安い」ってことw化粧水や香水をアトマイザーに入れる時のコスメティックシリマーでも代用可。

丸型洗浄瓶

シリンジが形的にちょっと…というのならこっち。

まあどっちもどっちなんだけど、使い心地はこちらのほうが優しいと思いますw

携帯できるのはやっぱりシリンジの方。

会社で歯磨きする人はこれは持っていけないよね…便利なんだけど。

知覚過敏にはやっぱりこれ!

gsk シュミテクト

知覚過敏で悩んでいたのですが、毎日使うことで少しずつ痛みを感じることがなくなりました。

智歯周囲炎など歯肉が炎症を起こしている時にも使えます。

薬用だからなのか、八つ橋みたいな味がほのかに楽しめますwニッキっぽいの。

部分磨き用としてかなりおすすめ!虫歯も口臭も予防する歯ブラシ

ワンタフトブラシ

歯の隙間、奥歯の裏など磨きにくいところもしっかり磨ける。

親知らず抜歯前には智歯周囲炎予防になったし、抜歯後も役立ちます。

これ1本あると口の中の汚れはほぼ落とせるので自分の口臭がそれほど気にならなくなり、絶賛愛用中。

虫歯予防、歯周病予防として。仕上げの歯磨きに最適

コンクール ジェルコートF

シュミテクトで全体を磨き、ワンタフトブラシで部分磨きを終えた後はこれでフッ素コーティング。

発泡剤や研磨剤が配合されていないので親知らず抜歯後のお口にとても優しい。

ジェル状なので歯全体になじみやすく、コスパもgood!

虫歯予防は一生続く…

私は前歯の噛み合わせがあまり良くないので奥歯を大事にしていかなければならないそうです。そうでなくても歯は一生大事にしたいものですけど…。

そのため虫歯予防は絶対!というわけでここ数年は毎日丁寧に歯を磨いています。

だからといって歯が真っ白だったり、虫歯0というわけでもありませんが…

これ良かったよ!というデンタルケア、オーラルケアグッズがあったら随時紹介していきたいと思います。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする